メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 古墳群に沈む夕日  天理山の辺コース

<<   作成日時 : 2006/09/07 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

駅からはじまるハイキングの4回目「天理コース その3」
朝の出発が遅くなった分、しわ寄せは夕方によって来た。
コース後半の長岳寺に着いたのはすでに5時前
やっとのおもいで御朱印をしてもらった。
でも、その日の最後の私に、「慌てることはありません
後の時間は気にせず中を見て回ってください」
の言葉、、嬉しかったですね。
期待したスイフヨウはお彼岸過ぎあたりからがいいとか。
すでに日が傾き最後のコースを回りきるには少し足りない。
そこで切り替え夕日を見晴らしのいい天皇陵から見ることにした。


画像

                  生駒の山の上にかかる雲をベールに荘厳な夕日  
                  崇神天皇陵の池に映りこむ夕日も素敵です



画像

                  夕日が池に映りこむのを撮ってみたい、、
                  その思いは図らずも達せられた思いでした




画像

                  ここはハイキングコース、こうして夕日を眺めてるときも
                  絶えず通り過ぎる人が多かった。ただ、地元の人にとっては
                  珍しくない光景のようですね。



画像

         厳かに沈む夕日を天皇陵から見守る事の偶然に感謝したいですね。





画像

                 空はすっかり暗くなりましたね、この頃から帰りの
                 道が気になり始めました。すでに人通りは暫く
                 絶えたまま、、少し不安になりかけました。
                 時間は6時を少し回ったくらいでした





画像

                 突然に輝きだした飛行機雲、キラキラと夕日の周りに
                 現れました。





画像

              天皇陵を飛行機雲が現れた頃から下り始め
              JR桜井線柳本に着いたのは6時半頃でした  
              かすかに残る残光で染まる生駒の空




画像

             6時49分発奈良行きに乗り、今日の「天理コース」
             無事終わりました。この日も好天気に恵まれ
             とても満足なハイキングでした。


崇神天皇陵

■代   数 :第10代
■天 皇 名 :崇天皇
(すじんてんのう)
■御   父 :開化天皇
■御   母 :皇后伊香色謎命
■御 陵 名 :山邊道勾岡上陵
(やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)
■陵   形 :前方後円
■所 在 地 :奈良県天理市柳本町
■交通機関等 :JR「柳本」下車 東へ0.8km

宮内庁HPより
http://www.kunaicho.go.jp/

崇神天皇陵について
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/010/index.html





                 







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
日が短くなってきているのを感じますね。
暗くなると気分的に帰路が気になりますが、まだ早い時間にこんなに素敵な夕日が撮れてラッキーだったかも。
昨日、ある場所から生駒山を眺めることができました。頂上にたくさんの鉄塔?!
しろうさんの写真を思い出しましたよ。
chii
2006/09/07 12:52
写真綺麗ですねー。連続写真で、日の沈んでいく様子がわかります。しろうさんがこの夕日に見とれてずっと同じ場所で写真を取り続けていたことも。
キンタロー
2006/09/07 22:39
chiiさん、おはようございます!
これからの時期はますます日が短くなり
お彼岸頃になるとすっかり回りが暗くなりますね。この一気に暗くなり始める頃の楽しみは
夕焼けが見れる機会が多くなることです。
色々な所での思わぬ夕焼けに沢山出会いたいですね。生駒山には沢山のテレビなどの鉄塔が
立っていますね。何故かこの鉄塔を見るのも
好きですよ(笑)
しろう
2006/09/08 04:29
キンタローさん、おはようございます!
夕日に出会えばなかなかその場を
去りにくくなりますね(笑)
次はどんな表情になるのかな?って
ついそのまま見続けてしまいます。
まるで一つのストーリー。
この日も夕日もここまでかな?って
思う頃に突然の飛行機雲の輝きには
ビックリしました。
夕日と飛行機雲も沢山出会って
見たいテーマです。
しろう
2006/09/08 04:36
天理はよく車で通りましたが、歩いたことはありません。山辺の道はず〜と憧れていますが記事を拝見して益々想いが強くなりました。平日は女性一人歩きよりハイキングの催物に参加した方がいいかなと思える静寂を写真から感じるのですがいかがでしょうか?
しろうさんのブログには見るものにステキなところを見せてあげたいという優しさが溢れていますね。何時も有難うございます♪
urara
2006/09/08 14:48
こんばんは、しろうさん
奈良で住んでいながら行ったことがない処、興味深く拝見しました。
お目当ての「酔芙蓉」は未だのようで残念でしたね。
崇神天皇陵の池に映った夕陽に、思わず拍手〜♪
harusika
2006/09/08 22:13
uraraさん、今晩は!
私も天理はお得意先もあり、仕事で
車では良く行くところです。
歩いて回ったのは実は初めてなんですよ(笑)
このJRのハイキングコースは実に良く
選択されているなぁ〜って4回目にして
感じるようになりました。これからが
益々楽しみです。
>平日は女性一人歩きよりハイキングの催物に>参加した方がいいかなと思える静寂を写真か>ら感じるのですがいかがでしょうか?
そうですね、確かに休みの日はハイカーとか
ジョギングしてる人に出会う事が多いですが
普段はきっと人通りも少ないかもしれませんね。ただ、殆どが生活道路ばかりなので
案外往来が激しい事も考えられます。
人里離れた山道ではないので、あまり気に
しなくてもいいようにも思いますが、、
私みたいに夕焼けまで見ようと思わなければ
あまり心配しなくてもいいのでは?
先日の記事に書きました茶房みちふくさんなんかはキッとuraraさん好みかも?(笑)
しろう
2006/09/08 22:33
harusikaさん、今晩は!
奈良の周りは魅力的なところ満載ですね!
訪れるたびに感じます。
確かに身近過ぎてかえっていきそびれることは
沢山ありますね。遠方の人ほどそこの魅力に
惹かれるのも分かります。
最近、大阪市内でも、時々今まで住んでいた
島根から今日初めて来たんだ!って自分に
言聞かせもう一度見直す時もあります。
すると見慣れた景色がとても新鮮に映る時
ってありますね。
この山の辺コースは桜井を基点にしたコースもあり、ミカンの時期にまた回るつもりです。
そして紅葉時期には安部文殊院〜談山神社と回ります。ハイキングにはピッタリの所ばかりですね。
しろう
2006/09/08 22:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
古墳群に沈む夕日  天理山の辺コース メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる