メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 野崎参り 2007

<<   作成日時 : 2007/04/27 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ゴールデンウイークにピッタリと重なる毎年のお祭り、
「野崎参り」私の年になれば、すぐに黒縁丸眼鏡、直立不動の
東海林太郎の歌声が浮かんでくる。
年末年始の特番、日本の懐かしの歌で必ずと言っていいほど
登場し、何時見ても変わらない歌いぶりに流行歌歌手には
あまり見えないなぁ〜って思ったものでした。
この歌が期間中JR野崎駅からギッシリ埋まった露天通りに
軽やかに漂う雰囲気はいいものです。

画像




2007年行事予定

5月1日のざきまいりオープニング「New OSK日本歌劇団」
      境内舞台/10時半・13時半
5月2日
乙女文楽
      境内舞台/13時
5月3・4日
昔なつかし大道芸
      境内舞台/10時より随時
5月5日のざきまいりふるさと太鼓
      境内舞台/9時〜12時
5月5日のざきまいり奉納落語会 泉笑会
      庫裡/13時半開場・14時開演
5月6・7日
奉納澪つくし歌舞伎
      境内舞台/14時
5月7・8・9日
花まつり 甘茶接待
      本堂前/9時〜16時
5月8日
奉納 ようかびライブ「独楽」
      境内舞台/10時半・13時半
5月10日
無縁経法要
      本堂/14時 開経


期間中(1日〜8日)、境内のそこかしこで大道芸が見られます!!

展示会

のざきまいり公園
「蘇る野崎観音十六羅漢展」
1日〜8日/9時〜17時

野崎観音会館
「人権パネル展(マザーテレサ)
2日〜5日/10時〜16時  主催:大東市ヒューネットだいとう




野崎観音 HP
http://www.nozakikannon.or.jp

10日間というロングランの祭りもあまりありませんが
歴史と、季節と、素朴なお祭り景色が一度に楽しめるのは
なかなかありません。
近郷近在からこの祭りを、目差し集まるのはこうした
背景があるからなんですね。

画像


 ( 昨年の野崎参り 2006・5・4 )






ツツジも丁度見頃を迎え、新緑眩しい真っ直ぐの石段を
上がるのは、多少息が切れますが上がりきった時の
清々しさは何にも変えられませんね。
眼前に広がる大阪平野を見下ろし額の汗を拭う時
薫風がす〜っと体を通り抜けます。

画像


     (昨年の野崎参り 2006・5・4)




画像

(昨年の野崎参りで好評のチンドンヤさん)





画像


   今年も好天気になるよう祈りたいですね!




今年(2007年)ののざきまいり記事です!
「のざきまいり 2007 そして、忍者アクションショー」
http://shiirro.at.webry.info/200705/article_7.html




昨年の記事です!「 野崎参り 2006 好天に恵まれましたね 」
http://shiirro.at.webry.info/200605/article_7.html




野崎まいり

http://homepage3.nifty.com/rakugo/sanpo/nozaki.htm


●慈眼寺(野崎観音)
一般に野崎の観音さんと呼ばれて
いる慈眼寺(じげんじ)は曹洞宗の
禅寺です。5月1日から10日まで
行われるイベント「無縁経法要」
を「野崎まいり」といいます。昔
はお釈迦様の誕生日4月8日前後
に行われたそうですので、船場の
人々は春のピクニックを兼ねて息
抜きに繰り出したのでしょう。




慈眼寺 (大東市)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%88%E7%9C%BC%E5%AF%BA_(%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E5%B8%82)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
野崎参りいは〜屋形船で参い〜ろ〜
何処を向いても菜の花盛り〜
歌ってしまいますね、ところで観音様参りだったのですね、知りませんでした(恥・・)
チンドン屋さん珍しいですね、人も沢山でていますね、
おとと
2007/04/27 22:58
おととさん、今晩は!
コメント有難うございます。
新緑の時期に祭りが繰り広げられ
ツツジの赤やピンクがとても
映えます。目に優しくて
とても好きな祭りです。

しろう
2007/04/27 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
野崎参り 2007 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる