メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS ペラルゴリューム満開!還暦同窓会

<<   作成日時 : 2007/05/19 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

3月に入ったある日、仕事を終え帰宅すると、
食卓のテーブルに一枚のはがきがありました。
5月開催の「還暦同窓会の案内」でした。

節目節目で今でも地元では中学校の同窓会を開催し続けてくれる。
今回のは「還暦、、」が入り、なんともインパクトがありました。
以前大厄の42歳の時も同様に同窓会を開いてくれ、厄払いも
してもらいました。お陰で、元気です。
今回は行けそうもなく簡単な近況を添え書きし欠席の返事をしました。

画像


                  2007・5月18日 ベランダにて撮影







まだまだ他人事に感じていた還暦を来年にひかえても
いまひとつ、ピンとこない。
今までは兄弟、親戚を祝ってきたけど、今度は我が身。
いささかの心の準備と自分なりの今後の人生設計を考えてみたいと
常々思っているものの今だまとまらないまま日々経過するばかりだ。

昨日無事同窓会を終えた事を知らせた封書が届いた。
中には、当日の出欠名簿と写真、そして厄払いお札が入っていた。

早速封をあけ、まず見たのは出席者の記念写真。
写真を見て名前が直ぐ分ったのは3分の1
なんとなく誰かだ、、と面影を辿ろうと写真から髪の色を変え
しわをとり次第に過去の顔に近付くに従い
やっと分った同窓生が3分の1
残りの3分の1は名簿と照らし合わせても、どうしても思い浮ばない

卒業生120人中5名は故人になっていた。
その中の一人は、学校時代はとても親しい間柄だったけど
卒業後疎遠となり、とうとう会う事はなかった。
こうした形で再会とは、、、(合掌)

欠席者のコメント、近況報告にも不思議と学校時代の雰囲気を
感じさせるのは面白いものですね。
でも、中にはひようきんものだったA君の成長振り
がコメントを通してうかがえたり、
憧れだった彼女の現在の住まいと
コメントから感じられる、変わらぬ面影、、
チョッピリその頃へ思いが飛んで行く


画像


                 昨年5月24日撮影、同じ場所です









ふと、私も出席していて写真に写り
こうして郵送され手にした同窓生が
果たして自分と直ぐ分ってくれるだろうか?
先ほど私がどうしても分からない3分の1に
入るのだろうか?、、、

学校時代はスポーツをやっていたわけでもなく
特別変わったキャラクターでもなかった。
もし、マイクを向けられ「しろうさんはどんな人でしたか?」
と問われると、まず、困った顔となり、
「あまり目立つ方ではなく、くそ真面目だったように思います。
正直、殆ど覚えてはおりません、、、」
てな事になるかも知れませんね(笑)


ベランダは今年もペラルゴリュームが元気良く咲き始めました。
これからも、毎年こうして時期になれば確実に花を咲かせ
無事暑い夏を耐え、厳しい冬場を乗り切り
暖かい初夏に再び花を咲かせるペラルゴリュームのように
いつまでも元気でいたいものです。


画像


    ペラルゴリュームのそばで咲いています。アッツ桜(ロードヒポキシス)



     

出席者名簿の最後に追記で3年後に地元以外の場所で
開催したいとの予告が書いてありました。
いつも地元の同窓生にばかり頼り負担をかけていては
片手落ちですね。素敵な配慮、
今度は是非出席したいなぁ〜って思いました。


昨年の記事

ペラルゴニューム、我が家のベランダで逞しく咲いています。
http://shiirro.at.webry.info/200605/article_16.html




ペラルゴニューム
花300さんサイトより
http://www.hana300.com/peraru.html

(ペラルゴニューム)は、
ギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」が
語源。実の形がこのくちばしに似ていることから。

・南アフリカ原産。明治末期に渡来。
・4月頃から6月頃にかけて咲く。
名前の似ている「ゼラニューム」は
春夏秋冬1年中咲く。
・濃いピンクがきれいな花。
・葉は丸形で少しギザギザ。
・「ペラルゴニウム」とも読む。
・別名 「ファンシーゼラニューム」。








アッツ桜(ロードヒポキシス)

http://www.hana300.com/attsuz.html


・彼岸花(ひがんばな)科(またはヒポキシス科)。

Rhodohypoxis は、ギリシャ語の
「rhodon(バラの花)」と
「ヒポキシス(こきんばいざさ、という植物)」
が語源。


・南アフリカの山岳地原産。
1921年(大正10年)に渡来した。
・5〜6月頃、ピンクなどの色の花が咲く。
6弁花。3枚づつ互いちがいにつくのが特徴。
5〜6月以外の季節に咲くものもあるようです。
・アリューション列島のアッツ島とは関係ないらしい。
(カムチャッカ半島の東沖)
・別名「ロードヒポキシス」 学名から。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
同窓会 変身願望
久しぶりに中学校の同窓会に出席してみました。前回出席したのは5~6年前ぐらいになります。私が還暦を迎える年齢に達した区切りとして重い腰をあげたのです。もう同級生全員が60歳~61歳になってしまったのです。(笑)会場となっているホテルへは早めについたのでフロントで会場を尋ねエスカレーターにて昇っていくと、なんとまぁ~同窓会の多い事。同じフロアーで4つも同窓会が開かれていました。わが母校の名前が書かれた受付を捜して名前を告げ会費を払いましたが受付の同級生のおばさんやおじさんが思い... ...続きを見る
【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】
2008/02/12 14:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
還暦同窓会出席できなくって残念でしたね。
わたしは故郷が遠くって、中学同級会の
案内をもらっても、なかなか出席できません。
毎回幹事は中学の時の悪がき(笑)
別の時に帰ったときに彼に会ったら
同級会のときの写真をくれました。
田舎なので同級生は少ないですけど
まだ皆健在みたいです。
これから、だんだん一人欠け‥‥‥
なんてことになっていくんですね。
masha
2007/05/19 09:05
今、中学校3年生の”初めてのクラス会”の
準備を同級生3名で進めています。
まさに還暦同窓会ですが・・・1/3しか住所が
解らないので 協力の手紙を出す予定です。
連絡先のわからない友はどうしているのか?
情報が少しでも集まるといいのですが・・・。
同窓会終了後に 報告してもらうと
嬉しいでしょうね。参考にします!!!
ログの大好きな徳さん
2007/05/19 09:53
こんにちは〜!
一生一度の還暦同窓会、
残念でしたね。

ペラルゴニューム、4年前に
頂いて、毎年咲いていたのが
今年は咲かないみたいです。
遅れて咲くのかな?
つつじも咲きませんでした。
こんな年もあるんですね。
kazu
2007/05/19 13:50
3年程前私も同窓会に始めて出席したときの事を思い出しました。小中30数人の1クラスでした。どの顔もそれなりの歳を感じさせているのですが、気持ちは一気に子供に戻り・・話すことは近況報告ばかり、チョト不思議な感じがしたのを覚えています。
あおい空
2007/05/19 21:32
mashaさん、コメント有難うございます。
日頃のそれぞれの立場、係わり合いを忘れ
純粋に思い出に花を咲かす事が出来る間柄、
年と共に一層その思いは強くなりますね。
毎回は難しいけど、出来るだけ出てみたいと
思います。
しろう
2007/05/20 06:28
徳さん、コメント有難うございます。
一番苦労されるのは、開催を実行する地元の人ですね。
誰かがやり始めないと前に進みませんね。
その一人でこれから色々と世話を焼かれる徳さん、
本当に素敵ですね。私はいつもしてもらう方なので、
ただただ感謝あるのみです。
行方の分からない人はまず家族、友人に声をかけ
問い合わせるしかなく最後まで情報を求めていますが
限界がありますね。今回も5人は分からなかったようです。手間はかかるでしょけど終わってからの当日の
写真、名簿はとても嬉しいものです。
しろう
2007/05/20 06:37
kazuさん、コメント有難うございます。
全体の同窓会は10年毎に開催されてきましたが
大阪地区だけは毎年年末または年始に忘年会・新年会
と称して少人数ですが有志で集まっています。
地元とはいえ帰るとなるとどうしても仕事との兼ね合いでなかなか帰る事が叶いません、でも今度のは是非
行ってみたいと思っています。
そうですね、毎年確実に咲かせるのって難しいですね。
私の所は昨年良く咲いた一生の春(サツキ)が今年は咲きそうになく、残念です。昨年の記事です
http://shiirro.at.webry.info/200605/article_18.html
しろう
2007/05/20 06:46
あおい空さん、コメント有難うございます。
最近の事は忘れやすくなりましてけど
その頃の事は不思議と鮮明に覚えているものですね。
それと一緒に長い時期を共に過ごした連帯感って
特別な思いがありますね。当時辛かったことも
時と共に仄々とした思い出となり笑飛ばせるように
なりますね。同窓生はいつまでも当時のままの関係で
あって欲しいものです。
しろう
2007/05/20 06:53
「同窓会」って色々なことに思いを馳せらせてくれますよね。出席できなくても気持ちの上で過去を振り返る良い機会だったのではないでしょうか?
koedo
2007/05/20 10:02
還暦同窓会いいですね(でも行けなくて残念でしたね)
私は同窓会は不義理をしていましたので案内が来ません。(現実にはやっていないのかもしれません)
少し寂しいですが・・・・
でもたぶん会社の同期入社の還暦同期会はたぶん実施されると思います。
早期退職者や管理職定年(55歳)で移籍したもので本体にはほんの少ししか残っていません。いつも結構盛り上がります。
シーちゃん
2007/05/20 23:16
koedoさん、おはようございます!
同窓生って会えば直ぐに当時に戻れる安心感、
これは何も利害の事を考えることもなく
純粋に共に遊び、悩んだ共通の体験をしてきたという
連帯感がそうさせるのでしょうね。
この気持ち、関係はこれからも大切にしたいですね。
しろう
2007/05/21 06:23
シーちゃん、おはようございます!
還暦同窓会へはいけませんでしたけど、
大阪地区には15人くらいいて、毎年
小グループでは会っています。
その時にも色々同窓生の話題で花が咲きます。
いつまでも、当時が思い起こされるのですね。
そうした関係は貴重だと思っています。
これからも出来るだけそういった機会を持ちたいですね。
しろう
2007/05/21 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペラルゴリューム満開!還暦同窓会 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる