メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 父の日は、紫陽花巡り その2 藤森神社

<<   作成日時 : 2007/06/21 05:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

宇治恵心院でゆっくりと今回も素敵な紫陽花など
愛でたあと再び京阪電車に乗り、墨染下車
駅から10分余りで藤森神社に到着

紫陽花は一つの花にとても多彩な色が散りばめられ
まさに、花の宝石箱、、
かと思えばスッキリとした単色の紫陽花も素敵です。
色々な顔を見せてくれますね。
一番はタイミングでしょうか?
毎年行っている所に同じような時期に行ったからといって
同じように咲いているとは限りません。
とてもナイーブな花ですね。
私はボリュームで圧倒されるより
一輪一輪とじっくりと楽しみたい。
そして周りの景色との相性も大事な要素。

画像


入る前からのぼりを見るだけで気持ちがすでに高揚しちゃいますね!





この神社の紫陽花は発色が良く気に入っています。
そして、紫陽花苑が二箇所あります。
東屋周りを取り囲むように紫陽花が咲き揃う第一紫陽花苑

画像





画像


  とりどりの種類が楽しめます!




画像




画像


                 落ち着いたなブルー系もいいですね。





画像


   強烈な朱色を見ると紫陽花ってとても情熱的ですね。







神社のシックな建物に紫陽花の華やかな色彩が浮かび上がる
第二紫陽花苑。。
花は環境、そしてバックに依ってとても雰囲気が変わるものだなぁ〜
それを思いっきり感じます。

画像







画像


  第二紫陽花苑で見る事のできるこの白のアナベルはとても清楚でいいですね。





藤森神社パンフレットより
「第一、第二アジサイ苑には約三千五百株の紫陽花が
 咲き、特に雨上がりの後の光輝く美しい花の変化が見られます。」

本当に梅雨ピッタリの紫陽花の魅力が楽しめますね。

丁度今回の恵心院〜藤森神社の紫陽花のとても素敵なサイトがあります。
松風さんのブログです。
実はこの2つとも以前、松風さんのブログを見たのをきっかけで
行くようになりました。

今年の松風さんの記事です
「恵心院のスミダノハナビ」http://kyocolumn.blog46.fc2.com/blog-entry-478.html#comment

「藤森神社の紫陽花苑」http://kyocolumn.blog46.fc2.com/blog-entry-478.html#comment

藤森神社 第二紫陽花苑http://kyocolumn.blog46.fc2.com/blog-entry-480.html



紫陽花について季節の花300さんから
http://www.hana300.com/ajisai.html

・雪の下(ゆきのした)科。

・開花時期は、 6/ 1頃〜 7/15頃。
ちょうど梅雨時期と重なります。
紫陽花は日当たりが苦手だそうです。
・名前は「あづさい」が変化したものらしい。
「あづ」は「あつ」(集)、
「さい」は「さあい」(真藍)で、
青い花が集まって咲くさまを表した。
「集真藍」
「味狭藍」
「安治佐為」 いろいろあります。

・本来の「紫陽花」とは、唐の詩人の
白居易さんが命名した別の紫の花のことで、
平安時代の学者、源順(みなもとのしたごう)が
今のあじさいにこの漢字をあてたため
誤用がひろまったらしい。
(でもいい雰囲気の漢字です)
・色がついているのは「萼(がく)」で
花はその中の小さな点のような部分。
しかしやはり萼(がく)が目立つ。
・紫、ピンク、青、白などいろいろあり。
花の色は土が酸性かアルカリ性かによっても
変わるみたいです。具体的には、酸性土壌では
青色が強く、アルカリ性土壌では赤色が強く
なる。
また、花の色は、土によるのではなく遺伝的に
決まっている、という説もある。


・6月2日、7月1日の誕生花(紫陽花)
7月13日誕生花(萼紫陽花(がくあじさい))
・花言葉は「辛抱強い愛情、元気な女性」
(紫陽花)
「謙虚」(萼紫陽花(がくあじさい))


勝運・学問と馬の神社  
藤森神社
http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
藤森神社の紫陽花
(京都市伏見区深草) ...続きを見る
花ごよみ
2007/06/24 10:33
藤森神社の紫陽花苑
紫陽花の宮とも言われる 藤森神社の 紫陽花が色彩豊かに見頃を迎え始めた。 ...続きを見る
京・壷螺暮(こらむ)
2007/06/26 10:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと梅雨らしい雨が朝から降り
各地の紫陽花も花色が輝いて
きれいな事でしょうね。
見事な紫陽花、次回には是非行って
みたく成りました。
花咲か爺
2007/06/22 12:02
花咲か爺さん、今晩は!
タイミングよく再び梅雨前線が活発化、
草花が息を吹き返した感じですね。
今日、鶴見緑地にチョッと寄って見ました。
園内は誰もいませんでしたけど、紫陽花は
雨を一杯受けてとても生き生きとしていました。藤森神社、是非行ってみてくださいね。
しろう
2007/06/22 23:15
こんにちは〜!
TBのご連絡ありがとうございました。
ほんと、届いています。
うれしいです♪

こちらの紫陽花は本当に
色がきれいですね。
量と美しさに満足して
帰りました。
kazu
2007/06/24 11:17
kazuさん、お互いTBがスムーズにいけるようになり良かった!kazuさんとはとても行動範囲が似ていてとても興味深いです。見る視点が違えばそれもとても面白いものですね。
味わい方が2〜3倍と楽しめますね。
これからも宜しくお願いします。
今日は、雨がなかなか弱くならず、出かけるのを躊躇、、(笑)
しろう
2007/06/24 13:13

[松風]です。
藤森の紫陽花は
多種多彩で見応えありますね。
しろうさん、当方の管理している
ポータルサイトに参加いただけませんか?
京都だけではなく関西の名所などを
メンバーで紹介しています。
サイトURL:http://www.edita.jp/matsukaze2005

参加するにあたり、日々何かすることが増える訳ではありません。
今までどおり、ブログの記事を書いているだけでOKです!

是非、ご参加いただければ幸いです。

お手数ですが下記のURLより参加、または参加拒否を決定頂ければ幸いです。
URL:
http://www.edita.jp/admin/sub_editor_answer.php?s=bWF0c3VrYXplMjAwNQ==&e=bWF0c3VrYXplMjAwNTE4NzM=&i=MTgxMTM=

どうか宜しくお願い申し上げます。

松風
2007/06/26 10:29
松風さん、今晩は!
素敵なお誘いありがたく思います。
早速参加させていただきます。
手続きが少し手間取りまして申し訳
ありませんでした。先ほど確認しました。
これからも宜しくお願いします。
しろう
2007/06/27 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
父の日は、紫陽花巡り その2 藤森神社 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる