メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS なら燈花会 その2 二月堂からの夕日

<<   作成日時 : 2007/08/16 10:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

なら燈花会のもう一つの楽しみは、あかりが灯るまでのならのまちの散策。
次第に暮れなずむみやこを大勢の人通りから少し外れ時間を気にせず
行きたい所で思いっきり時間を過ごしてみたい。それを叶えてくれますね。
東大寺鏡池にライトアップされた大仏殿が映り込むまでの時間を今年は
二月堂で過ごす事にしました。夕方からの空の様子で、キッと綺麗な夕焼けが
見れるかも?そんな予感がしたからです。


同じ思いの人達が焦る事無くゆっくりと夕焼けを待っていました。
沢山の外人観光グループも、、多分ここからの夕焼けがお奨めポイントに
なっているのかもしれませんね。あちこちに腰掛け待ちます。

画像

  生駒に沈む夕日を静かに見つめる至福のひとときです。(18時25分頃)





画像


燈籠にも灯がともり始めました。東大寺の屋根がうっすらと、、シルエット(18時27分頃)





画像


           更に日が落ちます。(18時35分頃)




画像


この荘厳な夕日には言葉はいりませんね。無言でシャッター切る音だけが、、
       (18時40分頃)




画像


まさに没する瞬間です。(18時42分頃)





画像


落日の後は、雲は更に赤みを増し広がります。(18時47分頃)





画像


二月堂の提灯のあかりが更に輝きを増し始め、いよいよ東大寺鏡池ライトアップです。
                     (18時50分頃)





画像


        二月堂から東大寺に向う参道、(18時56分頃)




画像


 二月堂から東大寺鏡池に着いた頃には、ギッシリとカメラの列でした。
 今年もここから燈花会の始まりでした。
                  (19時10分頃)


東大寺二月堂
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA

二月堂(国宝)-旧暦2月に「お水取り」(修二会)が行われることからこの名がある。二月堂は平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の大火には焼け残ったとされているが、寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物である

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
夕日を眺める人々の気持ちが写真からも伝わってきそうです。また夕焼けが屋根などのシルエットとマッチして、素敵ですね!
あおい空
2007/08/16 11:22
刻々変わる空の美しさに言葉はいりませんね。
この日のこのひと時をここにいる喜びに心が震えるだけで十分でしょう。
ログの大好きな徳さん
2007/08/16 11:32
あおい空さん、コメント有難うございます。
夕日は、このところなかなか見れなくてチャンスを探していましたが、お盆休みに入り見れてラッキーでした。特にこの二月堂からの夕日はなかなか価値がありますね。機会があれば是非コースに入れてみるといいですね。
しろう
2007/08/16 11:50
徳さん、コメント有難うございます!
この二月堂を始め、奈良の寺院、神社は京都とはまた違った魅力に溢れます。奈良は、いつ訪れてもゆったりとした気持ちになれます。
いつもは夕刻までゆっくりする事はないのですがお盆に開催の燈花会は逆に夕刻からが素敵な時間です。奈良の色々な所の夕暮れをもっともっと楽しみたいものです。
しろう
2007/08/16 11:57
こんばんは。
 今、五山の送り火を自宅マンションのベランダで観賞して、パソコンを開けしろうさんのコメントを嬉しく拝見しました。
 先程はお出で頂きまして有難う御座います。
今、こちらの写真と記事をゆったりした気持で拝見しています。変わり行く二月堂からの夕日。美しくて、神々しくて本当に言葉は不要ですね。
 私もこれから是非お仲間入りをさせてくださいますようお願いします。
 本当に素敵な写真、目と心の保養になりました。有難う御座います。
 尚、明後日今晩の「五山の送り火」をupする予定です。(写真が使い物にならない場合は?)
コスモス
2007/08/16 20:59
コスモスさん、今晩は!
ようこそいらっしゃいました。これからも宜しくお願いします。今夜は五山送り火でしたね。私は、まだこの送り火を見た事がなく、いつかチャンスを見つけじっくりと観賞したいと思っています。コスモスさんの「五山の送り火」の記事のアップ楽しみです!奈良は京都と共に私も大好きな所です。四季を通じて、その魅力を堪能したいと思っています。そして、コスモスさんの記事を通じて京都の魅力ももっともっと知りたいと思っていますので宜しくお願いします。
しろう
2007/08/16 22:24
こんばんは〜!

見覚えのある風景に、
夕焼けがプラスされて
感動的です。

ため息の出るような美しさですね!!
kazu
2007/08/17 00:54
kazuさん、今晩は!
コメント有難うございます。二月堂からの夕焼けはここを最初に訪れた時から機会を狙っていました。生駒が目の前に広がり、丁度反対側に我が家があるのだと思えばなお更感無量、良いタイミングでした。燈花会でライトアップされた東大寺周辺を狙うのも面白いかもしれませんね。私が立ち去る頃でもカメラを向けた人が沢山残っていました。色々な楽しみ方が出来ますね、燈花会。また来年も行きたいと思っています。
しろう
2007/08/17 22:30
いいですね〜ここの夕日がこんなにステキだなんて知りませんでした。夜更けに訪問させていただいてとても得した気分です。奈良は奥深いです。有難うございました。
urara
2007/08/19 00:15
uraraさん、おはようございます”!
コメントありがとうございます。
二月堂は一段と高い所にあり、向いには生駒山ととても眺めが良いので夕焼けは期待していました。とても荘厳なそのひとときで感動的でした。また、この感動を味わいに行って見たいと思っています。奈良は本当に心休まるまちですね。
しろう
2007/08/19 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
なら燈花会 その2 二月堂からの夕日 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる