メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都伏見 十石舟・三十石船・酒蔵のまち

<<   作成日時 : 2007/10/22 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 18

このところ、ブログで伏見を取り上げた記事を拝見し、是非行ってみたいなぁ〜
って思いが募ってきました。宇治へはあれほど何度も足を運んでいるのに
今まで、この酒蔵のまちへは行った事がありませんでした。
youpv(ゆう)さんの抜けるような青空の下柳と酒蔵の前を
三十石船が通る写真に魅せられました。http://youpv.exblog.jp/6608703/
幸い、朝から絶好の秋晴れ、期待で胸膨らみました。
ここからはJRで京橋に出て、京阪電車に乗り換え特急で中書島下車です。

画像


この月桂冠大倉記念館裏が一番の人気ポイントみたいですね。
柳の柔らかく風にそよぐさまはとても癒されますね。





画像


今回は船には乗らず、専ら追っかけ!(笑)
色々とポイントを探してみました。






画像


時期柄、やっぱりコスモスになってしまいました。




もう一枚!

画像







画像


船から見たらこんな感じ?





画像


月桂冠通りのハナミズキの木は、かなり紅葉が進んでいました。




コスモスさんの記事には伏見の事が詳しく掲載されています。
この記事にも大変触発されました。

京都 伏見・寺田屋と宇治川派流の堀
http://sumosu.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_3aad.html



チュー太郎で、伏見酒蔵巡りを、引き続きアップしています。
こちらもご覧になってください!

http://shiirro22213s.at.webry.info/200710/article_4.html





伏見・十石舟
http://www.ne.jp/asahi/yama/hon/jyutukoku/jutu67.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
京都伏見 癒しスポット酒蔵のまち
メール白書しろうでアップしましたがhttp://shiirro.at.webry.info/200710/article_8.html まだまだ伏見の魅力は伝え切れません。もう少し、写真を中心に続けたいと思います。 丁度秋晴れでまさにお出掛け日和、気持ちの良い一日でした。 ...続きを見る
チュー太郎
2007/10/23 22:56
伏見巡り、その2 癒しのプロムナード
宇治川派流を十石舟・三十石船巡りで酒蔵に酔いしれたり 川べりから舟と一緒に景色を眺めたり、、ととても立体的な楽しみ方が出来ますね。 街中にも沢山の見所があります。 一番は有名な寺田屋 ...続きを見る
チュー太郎
2007/11/04 12:40
伏見界隈をウロウロしてきました。
御香水がある「御香宮」や、キザクラが運営する「黄桜記念館」、酒粕ラーメンで有名な「玄屋」、月桂冠が手がける「大倉記念館」、水路巡りの「十石舟」など、伏見周辺を満喫してきました。 ...続きを見る
サイノメ
2008/11/16 11:14
秋深し、酒蔵の町「伏見」
宇治の恵心院のあとは、京阪電車宇治線を本線に戻り中書島で下車、駅から徒歩10分あまりで 十石舟が行き交う濠川(宇治川派流)に出ます。十石舟は、月桂冠大倉記念館裏の弁天橋 から発着します。ここに来たら、まず濠川を酒蔵が川面に映り込むのを眺めながら 心行くまで散策します。時々通過する十石舟(じっこくぶね)、三十石船がしっくりと 風景に溶け込みます。 ...続きを見る
チュー太郎
2009/10/21 05:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
いい風景ですね。
こちらには、ない風景なので
楽しく見させていただきました。
こらからもこのような
写真よろしくお願いします。
かつ爺
2007/10/22 09:26
屋形船に竿さして・・・と思ったら
船外機がついていますね。
長い距離をまわると どうしても
こうなりますね。
酒蔵の板の色が 雰囲気をもりあげて
いますね。
ログの大好きな徳さん
2007/10/22 13:43
伏見の酒蔵
いいですねぇ〜♪
私の友達は、山形の小さな造り酒屋です。
現在、13代目。
もうヘトヘト
2007/10/22 16:06
いい感じのコスモスと屋形船。日本の良さですねえ・・・。
koedo
2007/10/22 19:21
かつ爺さん、今晩は!コメント有難うございます。京都は特にこうした風景が今でも大事に残されています。観光目的というよりは地域の人の愛着がここまで支えてきていると思います。機会あればこうした所にも目を向け回ってみたいと思っています。情報源はブログが一番ですね!
しろう
2007/10/22 21:05
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。
この十石舟・三十石船は結構頻繁に川を上下していますので、手漕ぎではとても持たないようですね(笑)それにガイドさんが乗客の終始案内しているので、多少は情緒は犠牲になるようです。酒蔵の壁のトーンはとても素敵ですよ!
柳にピッタリです。
しろう
2007/10/22 21:10
ヘトヘトさん、今晩は”ようこそ、これからも宜しくお願いします。
最近は日本酒はすっかりビール、焼酎に押され気味ですが、こうして伏見を訪れるととても元気です。こうした元気がこれからの日本酒ブームに繋がるのだと思います。日本酒の魅力を今一度再認識した感じでした。
しろう
2007/10/22 21:21
koedoさん、今晩は!コメント有難うございます。川やら、お堀を屋形船で楽しむのは結構あちこちで見かける事が出来ますが、伏見を舟で回るのはまた格別だと思います。(今回は舟に乗りませんでした、、汗”)今度は桜、菜の花の時期にも訪ねたいですね。
しろう
2007/10/22 21:26
 伏見酒蔵いいですね 一度は行きたいところです この秋は大阪(千里)3度も行きました
 又27日には豊中まで参ります
 いい所へお住まいでいいですね 
海と夕日
2007/10/22 22:44
白壁と柿 屋形船と柳 酒蔵とあおいそら 
 こんなのが撮りたいのです
 娘むこが伏見の高校に勤めてます
 ゆゅくり歩いてみたいですね
海と夕日
2007/10/22 22:50
keiさん、今晩は!コメント有難うございます。
keiさんのブログで大阪に来ておられる事は分かりましたが、今度は豊中ですか、、私の会社は淀川区なので、すぐそばですね。また、娘むこさんが伏見とは、これまた縁がありますね。
良かったですよ、是非この酒蔵のまちは覗いてみてくださいね。チュー太郎でも、伏見の事は続きをアップしたいと思っています。
しろう
2007/10/22 23:34
こんばんは 白壁とはなみづきでしたね失礼
 白壁に柿好きなのでそのように見えました 
 豊中は 義姉が旅たちましたので義兄一人
 何時も日帰りです 
海と夕日
2007/10/23 22:25
keiさん、今晩は!
そうですね、白壁に柿はとても良く合いますね。実は、川沿いにも柿が色付いていました。
撮ってみましたがこちらは、イマイチでアップしませんでした。
しろう
2007/10/23 23:04
しろうさん、こんばんは。
伏見って情緒があっていいところですね。
月桂冠通りのハナミズキの紅葉がとってもいいですね。紅葉、これからが本番ですね、またいろんな紅葉の写真を見せてください。
peecon
2007/10/24 01:03
peeconさん、今晩は!コメント有難うございます。私も、今回が初めてですが、これだけ素敵な雰囲気のまちとは正直思いませんでした。これからは四季折々訪ねてみたいですね。宇治には良く行くので、宇治〜伏見コースが定番になりそうです。今度は十石舟にも乗ってみたいですね。各地の紅葉はこれから私も楽しみにしています。
しろう
2007/10/24 22:09
今晩は、元気になりました!実は下から2番目の写真が気に入り、パソコンのお気に入りにして、いつでも開いたときに見られるようにしています。また画面を見ながらスケッチしたりもしました。勝手に書き写したりして申し訳ありません。へたくそな絵でお見せ出来ませんが
あおい空
2007/11/07 20:56
あおい空さん、今晩は!コメント有難うございます。体調が回復され、良かったですね。私も安心しました!これからは益々寒さ厳しくなりますので、引き続き御自愛くださいね。
伏見の酒蔵の写真気に入って下さり嬉しいですね。出来れば描かれた絵を見たいものですが、、この伏見についてはチュー太郎でもアップしていますので是非ご覧になってください。
しろう
2007/11/07 21:55
今晩は、12月29日午後9時からのドラマ「吉原炎上」だったと思うのですが、見ていましたら、一番上の写真が背景のワンシーンを見ましたよ!すぐにしろうさんの写真を思い出しました。
あおい空
2007/12/30 19:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都伏見 十石舟・三十石船・酒蔵のまち メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる