メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 花のお寺石光寺の山茶花

<<   作成日時 : 2007/11/01 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

このところ、橿原方面へ車で行く用事が多くなった。
国道165号線沿いの當麻寺近くで「石光寺」の標識が以前から気になっていた。
今日は雨降りで、山はすっかり霞みっぱなし、一通りの用事を済ませ
大阪方面に帰る途中、気になっていた標識の寺に寄って見る事にした。
国道からは程なく到着、駐車場も何箇所かある。
参拝の人が多いようだ。私はなんの予備知識も無く寄ったので
どんなお寺か期待感に溢れていた。
門の所に「関西花の寺第二十番」の表札がかけられている。
http://www8.tok2.com/home2/toyoura/ichiran.htm

画像


門から中を覗くといきなり山茶花が迎えてくれました。
雨滴を浮かべ、花も葉も精気溢れていました。





画像


この門構えから、もう花のお寺っていう風格が備わっていますね。
桜の時期にも是非訪ねたいと思いました。







画像


山茶花とも、椿とも思え、丁度足早に帰宅された家に入ろうとされた住職さんに
問い合わせしてみました
「山茶花ですか?」
「山茶花と椿が混じった品種らしいですよ」
名前は分からなかった。


一輪一輪がとても上品で気品溢れる感じでした。
丁度見頃と思われます。






画像


塀沿いには赤いのも咲いていました。





画像


     アップです!晴れた日よりは、このくらいの天気が似合う感じですね。





境内を歩き回るとやはり、花のお寺の情緒が一杯感じられました。
帰ってから調べると、牡丹が特に有名。
11月から1月ごろ咲く、ワラ帽子に包まれた寒ボタンも見もので、冬咲きのボタンはここだけのものという。偶然とはいえ、素敵なお寺発見!収穫でした。




慈雲山 石光寺
http://www.kintetsu.co.jp/spot/spot_info/spot0000288.html
近鉄電車沿線情報より引用させてもらいました

画像



寺の起源をさかのぼると、天智天皇の時代にこの地に光を放つ三つの石があり、そ弥勒三尊の石仏が現れた。そこで天皇の勅願によって堂宇を建立し、「石光寺」の名を賜って役行者が開山したのが始まりとされている。現在では金堂の跡に弥勒堂が建てられ、弥勒仏の一部が祭られている。

画像


天気は良くなかったけど、素敵な山茶花に出会え、ラッキーでした!


よつばなしさんのネットラジオで当ブログ「メール白書しろう」を紹介くださりました。
耳から入るブログもとても面白いものですね!
一度是非アクセスしてみてください。

ネットラジオ『いつもきばらし!第56回』
http://kibarashi.at.webry.info/200711/article_1.html





石光寺の寒牡丹
http://www.kcn.ne.jp/~koi/sekko.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
寒牡丹咲き揃う石光寺
偶然知ったお寺関西花の寺霊場第二十番「石光寺」は別名染寺(そめてら)とも 呼ばれていて、名は体を表わす言葉がピッタリのお寺ですね。 仕事先がすぐ近くなので最近は良く近くを通ります。 初めて行った時は當麻寺の近くで見つけた標識が頼りでした。 その時の記事です。 http://shiirro.at.webry.info/200711/article_1.html 「花のお寺石光寺の山茶花 」 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2007/12/09 08:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
花びらの表面に雫が付いている山茶花もまた綺麗ですね。山茶花と椿が混じった品種があるなんて初めて知りました。薄ピンク色の花びらがまた綺麗なものです。

今日、ネットラジオでご紹介させて頂きました。
ご紹介させて頂きありがとうございました。
よつばなし
2007/11/02 00:22
おはようございます。
山茶花が咲いているのですねぇ^^
華やかでしっとり咲く山茶花、好きな花に入ります^^
自分家の山茶花は、まだ、つぼみです。
アザレアが咲いていますけどww
綺麗な写真をありがとうございます♪
あられ
2007/11/02 08:08
山茶花の花いいですね。
大輪なんですよね、花のこと
あまり判らないので。
大輪の花は好きです
かつ爺
2007/11/02 08:43
よつばなしさん、今晩は!コメント、そしてネットラジオhttp://kibarashi.at.webry.info/200711/article_1.htmlで当ブログを御紹介下さり有難うございます。これからもどうぞ宜しくお願い致します。山茶花というと冬の花のイメージがありますが、咲いているところでは結構咲いているんですね。キッと意外と近くで花開いているのでは?
しろう
2007/11/03 00:23
あられさん、今晩は!コメント有難うございます。山茶花は私もまだまだっていうイメージでしたが、品種によっては早いのもあるようです。これから寒さに向って花が段々少なくなる中、これから元気良く咲き続けてくれる山茶花は貴重ですね!
しろう
2007/11/03 00:26
かつ爺さん、今晩は!コメント有難うございます。山茶花はもともと熱帯から亜熱帯の花とか、、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%AB
その為北海道には見かける事が出来ないのかもしれませんね。私は特にピンク系の山茶花が好きです。
しろう
2007/11/03 00:39
山茶花、風情がありますねえ。私の大好きなお花のひとつです。花弁に雫をたずさえた山茶花・・・。可憐ですよね。
koedo
2007/11/03 06:00
koedoさん、おはようございます。コメント有難うございます。山茶花とか椿の雫を浮かべたタイミングはいつも狙っています。今回は丁度イイタイミングでした。これから色々な品種のものが楽しめますね。
しろう
2007/11/03 08:30
山茶花は 椿みたいに首からポトリと
落ちないで 一枚づつ散るので 
花弁の絨毯が見れます。好きですネェ。
ログの大好きな徳さん
2007/11/03 12:35
山茶花盲咲いてるのですね 花の寺石光寺
 見つけられましたね 何時も風情のある
 いい画像とコメント感嘆してます
 内の山茶花まだ未だのようです 
海と夕日
2007/11/03 22:13
徳さん、コメント有難うございます!
椿は花ごと落下し地面に転がっている様子は
見方によってはあまり良い感じがしないかもしれませんね。武士は打ち首を連想し嫌ったとか言いますね。私も山茶花の絨毯を見るのが好きです!
しろう
2007/11/04 00:58
keiさん、今晩は!コメント有難うございます。
山茶花は私も意外に思ったのですが品種的にも10月中旬から開花するようです。結構近くでも咲いている所色々有るでしょうね。この石光寺の寒牡丹も是非この冬には見たいと思っています。
しろう
2007/11/04 01:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
花のお寺石光寺の山茶花 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる