メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 勧修寺のスイレン〜大田神社の杜若(かきつばた)

<<   作成日時 : 2008/05/20 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

毎年今の時期になると悩む事がある。
文目(アヤメ)、杜若(かきつばた)、花菖蒲、、見分けがつくか?
正直、今もってつきません(笑) 名札を見てから、つい、納得でおしまい!
この繰り返しでは、いつまで経っても多分その花の前に立っても説明する事は
出来ませんね。ここに、詳しく見分け方を記したブログがあります。

花300さんのサイトです。
アヤメなどの見分け方(開花順)
http://www.hana300.com/kakitu.html
参考にされると、その瞬間からアヤメ博士?

私も参加させて貰っているコミュニティ「花を見に行く京都」http://www.edita.jp/matsukaze2005/
でも、この所、勧修寺のスイレン・杜若〜大田神社の杜若(かきつばた)が取り上げられ
私も、休みになったら行きたいなぁ〜って思っていた。そして、18日(日)に行った。

画像

クリックすると大きくなります!

         5月18日 勧修寺にて




この日は、勧修寺(スイレン、杜若)大田神社(杜若)京都府立植物園(バラなど、、)
と巡り、季節の移ろいの中、次の主役への期待感を感じながら
気持ちよい新緑も楽しむ事が出来ました。


続きは

「観修寺のスイレンと杜若、、そして鷺 」
http://shiirro22213s.at.webry.info/200805/article_7.html

「大田神社の杜若 」
http://shiirro22213s.at.webry.info/200805/article_8.html

でどうぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
観修寺のスイレンと杜若、、そして鷺
メール白書「しろう」http://shiirro.at.webry.info/200805/article_7.htmlから続きます。 観修寺はいつも気になりながら、タイミングを逸する事が多く、今回は、是非、グッドタイミングで 訪ねたい!その思いが強かった。期待通りの咲く具合でした。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/05/20 23:03
大田神社の杜若
メール白書「しろう」http://shiirro.at.webry.info/200805/article_7.htmlから続きます。 実は、ここ大田神社は初めてなんです。旬は過ぎているかも?の不安もありましたが まだまだ十分楽しめました。日が当たる毎に青の濃淡が目に優しく、美しい。。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/05/20 23:46
勧修寺の杜若、睡蓮…
 (京都市山科区) ...続きを見る
花ごよみ
2008/05/21 16:55
勧修寺 氷室の池
京都山科 勧修寺 氷室の池には色とりどりの杜若や睡蓮が咲き誇っています ...続きを見る
ひこぼしの散歩
2008/05/21 21:36
勧修寺の杜若と睡蓮
何となくふらっと行くお寺といえばココ。勧修寺です。 ...続きを見る
京都みてあるき
2008/05/22 02:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はめっぽう花の名前には弱くて
結局この花は何ですか。スイレンですよね?
かつ爺
2008/05/20 09:16
朝早く行くとポンという音を立てて蓮の花は
開きますが・・・睡蓮は静かに静かに花弁が
開くのでしょうね。
水面に咲く白く清純な睡蓮は、はかない恋の
忘れ形見でしょうか。
ログの大好きな徳さん
2008/05/20 10:06
かつ爺さん、今晩は!コメント有難うございます。すみません、チュー太郎の方の記事はこれからアップなのでこの写真だけでは何の事か良く分かりませんね。最初に訪れた観修寺のスイレンです。同じこの池には杜若そして鯉と鷺、とても一枚ではあらわせないので、代表のスイレンをまずアップしました。引き続きチュー太郎の方でご覧になってくださいね。
しろう
2008/05/20 21:49
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。朝早く行くとポ〜ンと音を立てる、、実は私はまだ体験していません。そんなに早くは行った事がありません。行ってみたいですね、そんな時間に。。手前に青の杜若が、そっとスイレンを見守っていました。儚い恋の忘れ形見、、なかなかロマンチストですね、徳さん!
しろう
2008/05/20 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
勧修寺のスイレン〜大田神社の杜若(かきつばた) メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる