メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日の平安神宮

<<   作成日時 : 2008/06/09 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

タイトルとは全く関係ないけど、男子バレー、オリンピック出場おめでとう!
土曜のアルゼンチン戦で3対2で勝利しオリンピック出場を果たし、日曜日の夜は
最終戦対アルジェリアでも熱戦の末勝利、まさに男子バレーで週末はヒートアップ気分でした。
水泳ではスピード社の水着で次々と世界新、日本新とこの所オリンピックの
話題が集中していますね。連日、テレビととても仲良しの毎日です(笑)

土曜の天気予報は日曜日は、100パーセント雨予報で、この日は出掛けるのは、半ば諦めていた。
ところが、又して予報は変わり、雨の気配は殆どないと分かり、出掛ける事にしました。
行き先は、平安神宮でした。紫陽花もそろそろかな?と、三室戸寺〜藤森神社あたりも
考えましたが、出掛けるタイミングが遅く、諦めました。皆さんの記事を拝見しても、
来週辺りからが見頃のようですね。

平安神宮は、花菖蒲と睡蓮、皆さんの記事も参考にしながらポイントは押さえながら
今年もとても楽しむ事が出来ました。何度訪ねても、心安らぎますね。

画像

クリックすると大きくなります!平安神宮、神苑にて 6月8日(日)

虫垂(むした)れぎぬ姿 で神苑散策というのも素敵ですね!
皆振り向いたり、記念撮影を求めたり、、、とにかくモテモテでした。
http://www.iz2.or.jp/mushinotare/index.html




平安神宮の続きは
[初夏の平安神宮神苑 ]
http://shiirro22213s.at.webry.info/200806/article_3.html

でどうぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
初夏の、平安神宮神苑
メール白書しろうhttp://shiirro.at.webry.info/200806/article_3.htmlから続きます! 梅雨に入っても、余程の強い雨でない限りは、出掛けてみたくなりますね。 どうしてもこの時期は菖蒲と睡蓮中心になってしまいます。 大阪では城北菖蒲園、京都では、平安神宮は毎年欠かせません。 あとは、どのタイミングで訪ねるか、、これも悩む所です。 ...続きを見る
チュー太郎
2008/06/10 23:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
虫垂れぎぬっていうのですね?この衣装。
ここだけタイムスリップしたような錯覚を覚えます。
着物とはまた違ってステキですね。
chii
2008/06/10 08:12
いいですね、歴史もあり
由緒正しい環境に恵まれたところに
いけることにとてもうらやましく思います。
またそういう所にこそ心惹かれるものが
沢山ありますね。
かつ爺
2008/06/10 09:12
つかの間 平安の時代を垣間見た
タイムトラベラーような気分になり
ました。木陰に隠れて悟られないよ
うに見つめているようです。
ログの大好きな徳さん
2008/06/10 09:37
chiiさん、今晩は!コメント有難うございます。とてもショッキングな日曜日でしたね。私は家に帰っても暫く気付きませんでした。7時前のニュースで知りました。余りのショックでこの日は、平安神宮に行った事を記事にする事が出来ませんでした。いきなり頂いたコメントとは違った事を書き出し申し訳ありません。他人事として片付けられない思いです。さて、本題に戻りますね。平安神宮神苑に入ったら、この2人を見かけ、暫く追っかけました。折角楽しんでいる2人には申し訳なかったけど、目立つ事を覚悟でこの衣装ですから、これも、また楽しい思い出になることでしょうね。
しろう
2008/06/10 21:55
かつ爺さん、今晩は!コメント有難うございます。京都は歴史の宝庫ですね。街を歩いても、鴨川をサイクリングしても、京都にいるだけで、今と、遥か昔のいち歴史の瞬間とを行き来する事が出来る貴重な街ですね。舞妓さん姿の一般の人、そして今回のように平安時代の衣装をきて観光しても、ピッタリと溶け込む自然さがありますね。それが京都の一番の魅力でもあります。
しろう
2008/06/10 22:01
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。
歴史衣装がこれ程似合う街は他といえば、奈良でしょうか。確かに皆、関心があり、写真を撮ったり、時には申し出て一緒に撮ってもらったりと、それがごく自然に出来る雰囲気はそれだけの歴史的背景を長年培ってきたからでしょうね。一朝一夕では出来ませんね。時代祭り、葵祭、祇園祭と京都は節目節目で接する事が出来るからこそ、ごく自然に景色に溶け込むんでしょうね。
しろう
2008/06/10 22:10
こんにちは。すっかりご無沙汰してました。
平安神宮の神苑は奥床しくて安らげる場所ですね。池の睡蓮と水辺の花菖蒲の景色、「チュー太郎」さんで堪能させて頂きました。
虫垂れぎぬ姿での散策、素敵でしょうね。着てみたい気もします。目立つでしょうけど、顔が隠れるので・・^^;
しんぷる
2008/06/12 17:05
しんぷるさん、今晩は!コメント有難うございます。京都はいつ行っても、煌びやかであったり、静まり返った風情が楽しめたり、こうして奥床しさも味わえたりと、行く度に新たな感動を感じさせてくれますね。一般の人といえども、思い思いに衣装をまとい古き時代を体感するのも良いかもしれませんね。結構回りも楽しんでいます。しんぷるさんも如何ですか?虫垂れぎぬ姿での散策!
しろう
2008/06/12 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜日の平安神宮 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる