メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇治川の寒稽古

<<   作成日時 : 2009/02/02 04:49   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2月に入って最初の日曜日がやってきました。
このところ梅便りがチラホラとブログやら新聞にも頻繁に掲載され始め
何だか落ち着かない日々でした。
日曜日になったら、まずは手頃なところからと思っていました。
コースとしては、大阪城梅園は押さえておきたい。他は?。。
とりあえず、京都を目差そう!帰りに大阪城梅園にしよう!

京橋から京阪電車に乗り込み梅目当てが、宇治 恵心院の水仙も見たい!
その思いが強くなり、寄ってみる事にしました。
中書島で宇治線乗り換え、終点宇治に到着、朝霧通りを恵心院へと向かいます。
すると、突然、宇治川方向から大きな掛け声、半端ではありません。
商店街の空き地となった、宇治川が見通せる所から見ると、
急流の向うの川の中に白い空手着で、声を上げ、手を突き出しているのが
遠目でも分る。直ぐに寒稽古!と分りました。

画像


   クリックすると大きくなります!( 2月1日【日】宇治川にて撮影 )

テンポ良く発せられる掛け声に、つい釣られカメラ越しに魅入ってしまいます。
2月の寒風吹きすさぶ中、宇治川に浸かり、幼い子供たちが懸命に張り上げる姿
とても感動的でした。土手には沢山の家族が見守ります。
この日も目的が猫の目のようにコロコロ変わりますが、これも良い!
時間もある、朝霧橋を渡り、寒稽古の所に橘島方面に行ってみる事にしました。



この後はチュー太郎
[ 寒いからこそ、宇治川の寒稽古!感激!]
http://shiirro22213s.at.webry.info/200902/article_2.html
へと
続きます!




宇治川の寒稽古の事をきしたブログがあります。
「おれよりマシ!の寒稽古2」

http://blog.goo.ne.jp/hennamusi/e/34592e49c4fa18d732581a908e0e40af
合わせてご覧下さい、寒稽古の事が、良く分ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
多彩な水仙、宇治 恵心院
水仙の時期になると、決まって行きたくなるお寺、宇治 恵心院 一度訪れた人は、四季折々、ぶらっと寄られるとか、、 私もその一人です。 今は丁度各地で水仙が咲き乱れ、群生し、背景やら、寺院の雰囲気と 上手く溶け込む優れものの水仙。不思議と水仙一輪で心和らぎます。 それもそのはずですね、 季節の花300さんサイトにもありますように http://www.hana300.com/suisen.html 「英名「ナルシサス」はギリシャ神話の美少年の名前で、泉に映った自分の ... ...続きを見る
チュー太郎
2009/02/02 06:25
寒いからこそ、宇治川の寒稽古!感激!
「メール白書しろう」 宇治川の寒稽古 http://shiirro.at.webry.info/200902/article_1.html から、続きます。天気は、良かったけど、川面を伝わる風はかなりの冷気を含んでいたはず。 それが、掛け声と共に飛んでいった! それを感じさせるくらい、しっかりした声に、ただただ魅入り、感激しました。 色々と取りざたされる今の世相で、これ程明快に、断ち切るには心一つ!老いも若気も 関係なく、苦難に向かう謙虚さ、我慢、一体感、内から燃え上がる元気さ。... ...続きを見る
チュー太郎
2009/02/02 12:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、団長と申します。当方のブログを見て頂き有り難う御座います。しろうさんは還暦ですか?家のオヤジと同じ歳なんですね。ちなみに俺は36歳です。寒稽古では家のチビも幼児クラスの中で頑張っていましたよ。まさにその時の写真ですね。また良かったら俺のブログにも遊びに来て下さいね。それでは、失礼致します。
団長
2009/02/03 09:18
団長さん、お早うございます、コメント有難うございます。微笑ましい記事で、私も楽しく読ませてもらい、この寒稽古の内容も大変良く分るので紹介させてもらいました。本当に、この日は一日素敵な気分にさせてもらいました。(寒さに震え続けた皆さんには気の毒ですけど、、)私は2月生まれなので、やがて61才になります。お父さんと同じとは、奇遇ですね、これからも宜しくお願いします。
しろう
2009/02/04 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇治川の寒稽古 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる