メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の京都そして「金閣寺」

<<   作成日時 : 2010/01/02 11:23   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

「メール白書しろう」ブログ誕生から、今年は満5歳そして今月末には
6年目のスタートとになります。
残念ながら、容量に余裕がないため、記事のアップは
殆ど出来ない状態ですが、新たなブログ先が見つかるまでは
暫くこのままにしておきますので今年も宜しくお願い致します。
気が向けば、時折アップ致します。

今年の初詣は、京都そして、平安神宮〜金閣寺にしました。
一昨年結婚した次男の嫁は、中国・福建省出身です。
昨年夏、大阪の我が家に帰ってくれ長男を出産しました。
年末には、横浜から孫を連れて次男と共に帰ってきてくれ
正月を我が家で過ごしています。
「初詣は、何処が良い?」の答えは、即座に「京都・金閣寺」でした。
私も、一昨年の雪の金閣寺が思い出され、行きたくなりました。

画像


  ( この写真は、2008・1・27撮影のものです。 )



昨年暮れに、私のブログ記事を見られた思わぬ人からコメントで、
私の「雪の金閣寺」の写真を、CDアルバムのカバーにしたいとの申し出ありました。
私は、迷う事無く了解の返事を送らせていただきました。
少しでも、私の写真がお役に立てればいい!
そんな思いでした。
春には、発売されるとかで、今からとても楽しみでもあります。
この事につきましては、その頃になってから記事にしたいと思っています。

今年の元旦の金閣寺は、少し雪が舞い、雲の切れ目から夕日が差し
キラリと屋根を輝かせ、とても表情豊かな状景に
沢山の人から声が上がり、金閣寺をバックに写真におさめて
おられ、私達も思う存分、家族みんなで撮りあいました。



雪が舞う金閣寺
http://shiirro.at.webry.info/200801/article_18.html

金閣寺HP
http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/





鹿苑寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E8%8B%91%E5%AF%BA

鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院。寺名は足利義満の法名にちなむ。通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山(ほくざん)。1994年に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と通称する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本寺院ファンタジー:星野雅司ギター作品集
この時期に雪の金閣寺の景色をアップしたのには理由があります。 「日本寺院ファンタジー:星野雅司ギター作品集」のカバー写真は 私が、2年前に撮ったもので当時のブログにアップしたものです。 このブログ記事を通じて目に留めていただき、星野氏(スペイン在住ギタリスト) から丁寧なメールで写真の使用依頼を頂きました。 私にとっては、予想もしないとても光栄な事で、快諾させて貰いました。 そして、CDが完成し発売となり、星野氏から、送っていただきました。 以来、毎日の様にCDを楽しんでいま... ...続きを見る
チュー太郎
2010/05/09 10:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年の正月にも積雪があったとか聞いていましたが、今年も積雪があったのでしょうか?
年頭頃に京都まで飛ぶなら、予約しておく必要があるでしょうし、順延するにしても正月料金があるかも知れません。
普通の会社とは少し異なるでしょうが、やはり正月料金というのはありそうです。
積雪した金銀を見てみたいですね?
ひこうちゅうねん
2010/01/02 18:45
ひこうちゅうねんさん、コメント有難うございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。京都の雪は、タイミングを計るのはなかなか難しいですね。余り降り過ぎて曇りっぱなしでは、画面が暗くなるばかりですし、少量なら直ぐに消えてしまいます。この写真の時は、到着直後はかなりの激しさで降っていて、参道の両脇は雪が積っていました。金閣寺を前にした頃空が明るくなり一瞬太陽が覗きました。そんなタイミングをまた経験したいものだと思います。短期的な冬型の時ではなく、数日間続く頃で、降り始めより、二日目くらいの頃を狙うと良いかもしれませんね。
しろう
2010/01/02 21:12
あけましておめでとうございます
今年も色んな所の写真期待しています
がんばってください!!
katu1947
2010/01/03 09:34
katuさん、コメント有難うございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。こちらの方はなかなか記事としてアップ出来ませんが、暫くこのままでいたいと思います。これからは梅〜椿・山茶花〜水仙〜桃と桜の咲き始める春に向って楽しみが一杯です。いよいよ厳しい寒さに向いますが花の世界は一足春ですね。
しろう
2010/01/04 05:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の京都そして「金閣寺」 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる