メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 松尾大社神幸祭 2011

<<   作成日時 : 2011/04/26 04:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は、桜を中心にした花巡りでした。この日も、探せばまだ見れるところもあると思われますが
気持切り替え、山吹をそして、桜が散り始めた頃から存在感が目立ち始めた
ハナミズキが見たくなりました。
山吹といえば、松尾大社。タイミングとしては、やや遅いかな?
と、思いつつ出かけてみる事にした。
JRで大阪梅田に出ると、5月4日オープンを前にした「JR大阪三越伊勢丹」
http://2011osaka.com/buil/zone/hyaka.htmlが開店を間近にし、
人の流れも一段と活気付いていた。阪急電車への陸橋を渡り京都線の
ホームへ。桜の時期と違い、並ぶ人の列も途切れ途切れ、ゆっくり座る事が出来た。
特急で桂下車、嵐山線で3つ目の松尾で降り、松尾大社に向う。
参道には、松尾大社神幸祭を盛り上げる旗が立ち並ぶ、そして露天の間を
更に参道を進むと、鳥居の前に祭姿の面々が集まっていた。
どうやら挨拶と神事が始まるらしい。

画像



画像


4月24日撮影 

神輿が拝殿を3周する最後の3周目に、本殿前で神輿を高々に持ち上げます。
拝殿を周回する時には、白い法被を着た各神社の氏子衆が「ホイット・ホイット」と
言いながら神輿を揺らし鉦を鳴らします。そして門を潜って出てきた所を
待ち受けました。





山吹はピークを過ぎていましたが、祭の合い間に見て回りました。

画像





この続きは、チュー太郎でどうぞ!



松尾大社神幸祭
http://www7b.biglobe.ne.jp/~miyakonotukimairi/gyoji04/04matuo06.html
松尾祭・神幸祭は、唐櫃と6基の神輿による勇壮なお祭(通称おいで)です。千年以上の歴史があり、昔は『松尾の国祭』とも呼ばれていた。三週間後の日曜日には、松尾祭・還幸祭(通称おかえり)が行われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松尾大社神幸祭 2011 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる