メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 矢田寺の紫陽花 2011

<<   作成日時 : 2011/06/15 02:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

例年の見頃から言うとまだ、多少早い気がしたけど
丁度、大和郡山方面に打ち合わせで出掛ける用事が出来たので
矢田寺に寄るつもりで、仕事を早めに切り上げた。
ここは「訪ねてみたい関西の紫陽花の名所」
ランキングベスト10の堂々1位 !!
(朝日新聞アスパラクラブの関西の会員のアンケート。
回答数 884人 朝日新聞掲載分より)
http://www.geocities.jp/cprxg517/page008.html
1万株 60種が咲き誇る。
昼前には、打ち合わせ完了、早速行ってみた。

画像


6月14日(火)撮影

矢田寺は、このお地蔵さん群のところが紫陽花巡りのスタート地点
って思っちゃいます。ここを背に、各地の紫陽花見本園があります。




画像


駐車場のおじさんに、「まだあまり咲いていないのでは?」
っと聞いたところ、返った言葉は
「もう、4分咲きくらいやね〜結構楽しめるみたい、ごゆっくりと!」
一日停めても300円、安い!



画像


確かに3〜4分咲きといったところか、、
全体的に色づくのは、やはり、20日頃からのようですね。
ただ、部分的でも、出来るだけ鮮度の良い色を楽しむには
今見頃の早咲き品種をじっくり鑑賞する方が良いようですね。
各地の紫陽花を集めた紫陽花園では、結構いい発色していました。



画像




この続きは、メール白書しろうUでどうぞ!
http://shiirro22213s.blog.fc2.com/








矢田寺
http://www.yatadera.or.jp/

◆「矢田寺」の名で親しまれています

 当山の本当の名前は、金剛山寺(コンゴウセンジ)と言いますが、「矢田寺」という名で親しまれているのは、この地が、万葉の昔より「矢田の里」と呼ばれていたことによるものです。
 奈良時代の記述にも、既に「矢田寺」の名称が見られます。
 境内付近一帯は、県立矢田自然公園に指定されており、矢田丘陵ハイキングコースとして、幼児からお年寄りにまで高い人気をほこっています。
 また、南は斑鳩の法隆寺より、北は追分の本陣を経て霊山寺に至る古道は、山辺の道、葛城道とともに、大和のもっとも美しい道のひとつと言われています。
 境内は、早春の梅にウグイスで始まり、春の桜にツツジ、初夏のアジサイの花にホトトギス、夏のキョウチクトウ、秋の萩に紅葉、晩秋初冬の山茶花まで、四季折々のおもむきを見せてくれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
矢田寺の紫陽花 2011 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる