メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 善養寺の菊展は素敵です! 2012

<<   作成日時 : 2012/11/10 15:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リハビリで横浜鶴見〜千葉・市川沿線で、ちょっと途中下車して寄ってみたいところを
何箇所か探してみた。そのうちの一つで、市川からひとつ東京よりの小岩駅から
バスで行けるところに、影向の松(ようこうのまつ)のある「善養寺」があり
丁度、菊まつりをやっている事を知った。

画像


2012・11・9 撮影




圧巻は、この菊の傘、、ちょっと他では見れないのでは?

画像





この続きは
fc2ブログ「メール白書しろうU」
http://shiirro22213s.blog.fc2.com/blog-entry-64.html
でどうぞ!



善養寺
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/chiikinojoho/kunainomidokoro/shiseki/yogo/index.html

「影向の松(ようこうのまつ」

樹齢600年以上
大正15年に東京都の天然記念物の指定を受けている。
平成23年に国の天然記念物の指定を受けている。
繁茂面積では、日本一の松と言われている(松の種類はクロマツ)
影向(ようごう)とは、神仏がこの世に現れた姿のこと。
東西31メートル、南北28メートル、茂っている広さが約900平方メートル(272坪)におよぶ。根元の幹まわり4.5メートル、高さ平均3メートル、一番高いところで8メートル、幹を支えるための支柱82本。
(HPより転載)

善養寺の菊まつり 
 この時期、湯島天神、靖国神社、浅草寺、日比谷公園、新宿御苑など有名寺社、公園で「菊まつり」が催されるが、都心から遠く離れた江戸川のほとり善養寺の菊まつりが、多くの人を集めるのは、コンクールに凌ぎを削る影向菊花会員の優れた菊作りの技術が見事な成果となって、訪れる人々の気持ちを捉えるからであろう。1輪が30p以上はあると思われる大作り、一鉢に7本の大輪が咲き誇る七本立て、断崖の上より垂れ落ちるようにみせるに小菊で作られた大懸崖、菊花をあしらい盆栽風に仕立てた「盆栽作り」、中でも大菊・小菊・嵯峨菊などを巧みに組み合わせて景色や物語を表現する総合庭園・盆庭「夢の影向菊花城」は小菊約800鉢を使って作られた全長18mの造景大花壇で他の菊まつりでは滅多に見ることが出来ない素晴らしいものだ
(HPより転載)
http://members2.jcom.home.ne.jp/ichikondo/11%20zenyoujikikimatsuri.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
善養寺の菊展は素敵です! 2012 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる