メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年は、我が自慢料理習得!その1

<<   作成日時 : 2013/01/17 21:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年の春から、facebookを始めて、3月がくると、一年になる。
最初は、決まりきった事もそのうち分かるだろうとの
乱暴なスタートを切った。
やはり、戸惑ったり、チョッとした投稿をするだけで
上手くいかず、それだけの為に2日もかかった事もあった。
紆余曲折を経ながら、何とか色々な方とのやり取りが出来るように
なった。どんどん進化するアプリ、そしてfacebook機能。
出来るだけ、追従できるように勉強は継続しなければ、、
と思っています。
一方、今までの付き合っている範囲とは格段に広がる事による
色々な刺激、その一つに料理。
これは、今までの私からは、思いもしなかった事です。
家内から、少なくともこれだけは出来るようにして欲しいとの
懇願から、御飯は炊ける。ただ、それだけ、、
しかし、これは、思った以上に良かったと、家内に感謝したい。
そこから次のステップへは中々進まない中、一気に自分でレシピに
従い作ってみよう!そんな気にさせた人がいる。
官能小説作家川奈まり子さんです。

画像


               (2013・1・17撮影)


昨年暮れ頃から、フィード購読させてもらって投稿を毎日
拝見するうち広範囲な知識と偏らないソースからの確かな
予見記事。バラエティに富んだ探究心、嗜好、それは音楽分野にも
及ぶ。そして、今日は料理。それは、料理経験なしの私にも
良く分かるレシピ、その気にさせる筆致は、やはり仕事柄なのか、、
実際に私は、投稿コメントの中で宣言した。
実際に「今夜の晩御飯にやりますと、、」

以下、今日のコメントのやり取りを
そっくりコピーさせてもらい、レシピとしました
川奈さん、ありがとうございました!
お陰さまで、初めての料理は、とてもいい味でした!


川奈 まり子 〈1月17日13:30頃の私の投稿コメントへの返事、
原文のままです)

皆さんコメントありがとうございます!
、、、
美田さんがレシピ希望されているので、簡単に…。山下さんでも作れます! 超カンタン&スピーディー!!
材料(3人前):冷凍の鶏肉(できれば骨付きブツ切りのモモ肉。なければ手羽元)を1人あたり1〜2コ、ゴボウ1本(直径1センチ以下の細いゴボウなら2本)、ニンジン中サイズ1本、キャベツ6分の1個くらい、すりおろし生姜(市販のチューブ入りでOK)をティースプーン2さじくらい、丸美屋じゃなくてもいいけど顆粒タイプの鶏ガラスープの素を大さじ2〜3杯(しょっぱいのが好きな人は多めに入れる。塩は使わないのでこれが塩気になります。少なめに入れて最後に調整するのがベスト)、粗びきブラックペッパーをてきとう(私はパッパッパッと3振りくらいします)、日本酒を50ccくらい(てきとう)、水を750ccくらい(1人あたり250ccくらい。慣れないうちは少なめにして、最後に味が濃ければ足して薄めちゃっても大丈夫!)
作り方:
1:水を鍋に入れて強火にかける
2:冷凍の鶏をいきなり入れる
3:鶏肉が白っぽくなってきたら菜箸でひっくりかえす。チューブの生姜、鶏ガラスープの素、日本酒を入れる
4:ゴボウを切る。細いゴボウなら直径と同じ長さのブツ切りでOK。太いゴボウならナナメに薄く切る。厚みは3ミリくらいかな? てきとう!
5:ゴボウは切れたらすぐに鍋へ。グラグラ煮えてます!
6:鍋の中身をかき混ぜて、素早くニンジンを切る。厚さ3ミリの半円かイチョウ切りにして、すぐに鍋へ
7:グラグラ煮させたまま、灰汁を取る。てきとう!
8:キャベツを切る。それこそてきとうに、ひとくち大に切って鍋に入れる
9:ブラックペッパーをパッパッと振り入れる
10:キャベツがしんなりしてきたら弱火にして、菜箸でゴボウをつまみだして試食。食べれるやわらかさになっていたら火を止める。スープを味見して塩気が足りなければ鶏ガラスープの素を小さじ1杯ぶんずつくらい足しては掻き混ぜて味見…ちょうどよくなるまで。しょっぱかったら水を足して1度沸騰させる。味がちょうどよくなり、野菜に火が通っていたら完成♪
11:ノンストップで煮続けているので、冷凍の鶏でもここまでには芯まで火がとおっているはずです。が、心配な人や、時間によゆうのある人は、冷蔵庫で半日かけて解凍して、ザルにあけて上から熱湯を注いでから、水を沸騰させた鍋に入れてください(これがフツウの作り方)。冷凍でいきなり水から煮ても出来てしまうけれど、丁寧にこしらえたほうがさらに美味しいんじゃないかと思います。私は先に解凍した鶏を多めの油で揚げ焼きにして油を拭き取ったものをスープに入れたりもします。鶏に下味をつけておくと、これもたまらなく美味です(生姜・日本酒・ガラスープではなく、ニンニクと玉葱とエルブドプロバンスと白ワインとチキンコンソメスープの素を使い、油はオリーブオイルでどうぞ♪)。


川奈まり子
ウキペディア百科事典

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%A5%88%E3%81%BE%E3%82%8A%E5%AD%90

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わあ!
本当に作られたんですね!
しかも…とても上手に出来ているようですよ〜!
お役に立てて幸いです(^_^)
川奈まり子
2013/01/17 22:33
川奈さん、今晩は!コメントありがとうございます。お陰で、一人で最初から最後まで一人で初めて出来ました。これは、川奈さんが、とても取り組みやすくレシピを作って下さったからです。ありがとうございました。一人なのにレシピどおり3人前作ったのは、翌日分もまとめて作ろうと思ったからと、残りは一晩寝かせ十分味が染み込むと思ったからです。実はそれ以上に味がしっかり染み込み美味しかった!豆腐を足しました。それと、丁度切らしていましたがウインナー、ブロッコリー等を足してもいいなぁ〜と思いました。これをベースにどんどん内容を継ぎ足す楽しみもあると思いました。

しろう
2013/01/18 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年は、我が自慢料理習得!その1 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる