メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都の夜は燃えています!東山花灯路・2007

<<   作成日時 : 2007/03/18 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

花見前開催される京都・東山花灯路。今年で5回目なんですね。
毎年気になりながら行けませんでした。
今年こそは、、と土曜の来るのを待っていました。
私の会社は土曜も仕事なので飛込みが入らないかと
ヒヤヒヤの一日でした。どうやら大丈夫。
5時過ぎに会社を出て梅田から阪急電車で行く事にした。

画像

       (レーザー光線とライトアップで浮かぶ清水寺です)






乗ってからどのコースで歩こうかとマップを眺める。
阪急電車なら烏丸で下車、地下鉄に乗り換え東西線東山で降り
一番北の神宮通からスタートが良さそうだった。
あれこれしているうち遅くなり、神宮通に入ったのは7時を回っていた。
点灯時間は9時半までとか、、これなら結構忙しそう。
地下鉄東山駅を降りると皆同じ方向を目指していたので
初めての私でも、人の流れで自然にコースに入れた。
天気予報通り深々と冷え込みだした、三脚を持つ手も凍えだした。
でも、風がなかったので助かった。

画像

                    (最初のお寺、青蓮院)









京都の提灯を使ったイベントで冬場は嵐山花灯路がある。
古都の景色を楽しみながらライトアップに浮かぶたたずまい。
そして寺院、歩道の脇に連なる控えめな提灯の灯を頼りに散策。
ただ、人が多くてのんびりゆったりという訳には行かないけど
それでもポイントでの美しさは素晴らしく、共に感動を
共有してると言う連帯感がいい!
画像

      (知恩院です。ここで沢山の人が山門をバックにまず記念撮影)











花灯路の魅力は昼間でも人気の京都散策コースが
そっくりムードをガラリと変えた姿で再登場、それを風情豊かに
楽しめること、、人の多さも気にならなくなりますね。
画像

 石畳に映える提灯の仄かな暖かい温もり、それをからだ一杯感じながら、、










画像

円山公園の名物枝垂桜と生け花の競演も素敵でした!
そのほか、ここでは沢山の生け花、モニュメント、提灯が展示されています。
時間が足りない!!



    





画像

               (しんがりの清水寺へ向う坂、二年坂)










画像

長い坂を上り切った甲斐がありますね。
到着したのは点灯時間9時30分、チョッと前でギリギリセーフ。
今度は時間の配分とスタート時間を早めなければ、、
6時頃にはスタートしたいですね。









一度ではとても回りきれませんね。
沢山見残しました。その分、先の楽しみがまた出来ました。
画像

散策路の提灯が消え、人通りの絶えつつある頃、法観寺の少しの残照で
暗い空に浮かぶ姿が神々しく思えました。










チュー太郎でもアップしています。
ご覧になってくださいね。

戻り寒波を吹き飛ばす!京都東山花灯路・2007
http://shiirro22213s.at.webry.info/200703/article_2.html




京都東山灯花路・2007
http://www.hanatouro.jp/


平成19年(2007年) 3月10日(土)〜21日(水・祝) 点灯時間: 午後6時〜午後9時30分
北は青蓮院から南は清水寺までの東山散策路を「灯り」と「花」で演出し、周辺寺院・神社での特別拝観やライトアップ、華舞台での伝統技芸の披露など、京の早春を彩る美しいイベント

露地行灯が設置されるのは、神宮道、華頂道、知恩院道、円山公園、神幸道、下河原道、ねねの道、石塀小路、八坂坂、一年坂、二年坂、産寧坂、清水坂、茶わん坂など東山一帯。




京都嵐山花灯路 その2
http://shiirro.at.webry.info/200512/article_34.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戻り寒波を吹き飛ばす!京都東山花灯路・2007
京都の夜を熱くさせる恒例の京都東山花灯路・2007 念願叶い今年やっと初めて行くことが出来ました。 パンフレットでまさに見たとおり、いや実際は もっと素晴らしい!毎年リピートしたくなるイベントです。 ...続きを見る
チュー太郎
2007/03/18 12:12
レーザーターンテーブル(エルブ)ってすごい!価格は?
レーザーターンテーブル(エルブ)ってすごい!価格は? ...続きを見る
レーザーターンテーブル(エルブ)ってすご...
2007/03/18 17:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、三脚が要りますね。私はしろうさんのお写真で堪能させて頂きます。でも私も毎年気になるんですよね、このイベント。お墓参りコースですから身近なんですが、夜は未体験です。大勢の方で賑わっているんですね。有難うございました。
urara
2007/03/18 16:11
去年の秋に、嵐山の花灯路にはじめて行きました。三脚がずら〜〜〜〜と並んでいたのを見て、圧倒されたのを覚えています(笑)
私もその時、一眼レフを持っていきましたが、恥ずかしかった。。。女性は、少ないですからね〜><;

東山花灯路に行きたいと思いつつ、しろうさんの写真で行った気分♪ ありがとうございます。
さつき
2007/03/18 17:47
uraraさん、今晩は!
そうですね、そろそろお墓参りですね。
21日まで開催なので是非歩いて見て下さい。
改めて京都の魅力再発見です!
私はこれから毎年の恒例としたいと思っています。じっくりとそれぞれのコースを楽しみたいと思っています。写真の題材としてもとても
魅力的ですね。夜間撮影をしっかり勉強したいと思っています。
しろう
2007/03/18 19:56
さつきさん、今晩は!
今や写真は男女ありませんね。
遠慮なく楽しんでください。
夜間撮影はやはり三脚でしっかりと狙いを
すましじっくり撮る方がいいと思いました。
その為にもマニュアル操作をしっかり習得しなければ、、痛感しました。
さつきさんも、是非今年の花灯路まだ日にちがありますので撮って見てくださいね。
この分では桜は4月に入りそうですね。
枝垂桜の咲く頃また円山公園行きたいなぁ〜
しろう
2007/03/18 20:04
京都のお寺さんのライトアップ良いですね昼間の京都とは又一味違いますね、
清水寺に向かう2年坂昔の情緒があって良い所ですね、舞妓さんだ居ますね、
おとと
2007/03/18 21:13
おととさん、今晩は!コメント有難うございます!さすが良く見つけてもらいましたね。
二年坂を上がる時前から舞妓さんがやって来るのはわかりカメラを構えようとするうち
人影に入り撮れなくなり後は振り向きざまに
舞妓さんを入れようと撮りました。
やはり京都は舞妓さんが歩いていてごく自然ですね。景色にピッタリと収まる感じです。
しろう
2007/03/18 21:56
しろうさん 早速行かれたのですね。
JRのつり広告で「行きたいな〜」と指をくわえていました。
しろうさんのお陰で行った気分になれました。
シャッターチャンスを待つのも大変でしょう。
良い雰囲気が伝わってきます。
今度は是非自分のカメラで撮りたいですね。
シーちゃん
2007/03/18 23:09
シーちゃん、今晩は!コメント有難うございます!
京都はたえず色々なイベントがあり、行く機会も多いのですが、何度行ってもまたすぐに行きたくなります。これからいよいよ花の季節本番で益々行く頻度増えますね。
シーちゃんも是非この花灯路に行ってくださいね。
しろう
2007/03/18 23:34
京都の花灯路 いいですねぇ。
石タダミの小路・・・
花灯路が足元を照らし
往く人たちの感激の言の葉が
聞こえてきます。
ログの大好きな徳さん
2007/03/19 02:31
徳さん、今晩は!コメント有難うございます。
京都は歴史がそのまま体感できる素敵なまちですね、奈良とともに四季折々出来るだけ訪ねたいところです、行っても行ってまた行きたくなりますね。佐世保〜長崎も近ければ度々訪ねたいところなのですが、、
しろう
2007/03/19 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都の夜は燃えています!東山花灯路・2007 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる