メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 松花堂 京都・洛南の名所

<<   作成日時 : 2007/05/10 05:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

連休が明け、連日夏日が続いていますね。
ここに来て連休気分もやっと吹っ飛び普段に戻りました。
最近洛南方面に新規先を開拓、訪れる事が多い。
この前から気になっている標識があった。
「松花堂 庭園・美術館」
これは一度寄ってみなければ、、
久御山での打ち合わせは16時過ぎに終わった。
大阪への帰路再びこの標識のある交差点に近付いた。
寄ってみる事にした。

画像

   
      本当は最初にここから回るところ、時間の関係で一番後に見た









1号線から八幡市内方面に右折、5分余りで着いた。
あった!でも時間は16時半、今日の所は場所の確認だけのつもりだった。
念の為車を降り、資料貰ったり下見のつもりだった。
受付で時間を確認、17時、、あと30分。余りにも時間がない
帰りかけた時そばのボランティア(案内係り)の人が
「30分でも、一番のポイントから先に回ってもらえれば十分時間内で
良さがわかってもらえますよ。いい所をまず見てもらってから
今日は十分ではないかも知れませんが後の所を見られては?」
ボランティアの人の言葉に納得、お任せする事にした。

画像


               少し遠慮気味にボランティアの人が写っていますね。









案内を聞きながらカメラのシャッターは切りっぱなし、

画像













五月晴れの空、新緑眩しい木々、庭園そしてシックに似合う建物
素敵なハーモニーまさに絵になる景色。。

画像










これは30分ではとても全貌すら伺えないけど、貴重な体験。
また来なければ、、
ボランティアの人の説明をしっかり聞いて再び来よう!
気持ちを切り替えた。


画像


  どの場面にきても、まず、ほ〜ぅ、、とため息。







美しい「草庵・松花堂」「書院」は残念ながら撮影は禁止だったので
じっくり観賞、かえって苔の繊細な美しさに触れることが出来た。
写真に頼るとついアングルと写り具合に気がとられ
本当の美しさを味わう余裕がない事が多々あった。
。。とは言うもののゆっくり観賞したあと
やはり撮って見たい(笑)

画像



ボランティアの人の言葉を借りれば
「写真の好きな人は最低2時間はおられるようですね」
園内にあちこち見るサツキの木は5月末〜6月中が見頃とか





松花堂
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E8%8A%B1%E5%A0%82




松花堂庭園
松花堂(しょうかどう)は、京都府八幡市にある日本庭園と美術館。国指定史跡。

松花堂昭乗が江戸時代初期(1637年)にかまえた方丈と庭園で、現在八幡市立松花堂庭園・松花堂美術館として整備されている。










松花堂(しょうかどう) http://www.kiis.or.jp/kansaida/yawata/yawata02.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅雨を100倍楽しむ花巡りの旅 京都〜大阪編  その1
鬱陶しいと思われた梅雨もこの時期を旬とする花を求めてるうち いつしかとても瑞々しい季節に感じられる様になりました。 降ってなおよし ハス 紫陽花 そして花菖蒲 ...続きを見る
メール白書(しろう)
2007/06/03 00:35
八幡・松花堂庭園ライトアップ
八幡市立松花堂庭園の夜間特別公開ライトアップが23日午後6時から始まるのを前に22日夕、試験点灯が行われた。紅葉したカエデや茶室が照らし出されると、庭園内は幽玄な雰囲気に包まれた。 同市の市制施行30周年記念事業として企画した。同庭園は広さ約2万200.. ...続きを見る
京都日記~独り言~
2007/11/23 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

新緑が眩しい季節♪

4枚目の写真、とても素敵です♪♪♪

ここ数日の気温差は、身体にこたえますね!

しろうさん、お身体大切にね〜^^¥
さつき
2007/05/11 05:43
さつきさん、おはようございます!
私も初めて訪ねてとても気に入りました。
取引先も近いので、これからはこの方面に
行くのがとても楽しみになりました。
やはり、じっくりと心静かに回りたいですね。
さつきさん所からも近そうなので是非訪ねてみてください。キッと気にいると思います。
美術館も併設されていますのでなお更
素敵ですね。
しろう
2007/05/11 06:21
やっぱり京都ですね。
どれをとっても 洗練されていますね。
一枚目の竹組み 二枚目の敷石
美しいデザインです・・・。
しろうさんの足跡の後を
真似して歩きたくなりました。
ログの大好きな徳さん
2007/05/13 10:31
徳さん、おはようございます!
コメント有難うございます。
この松花堂は本当にお奨めです。
この日は僅か30分余りでしたけど
次への期待感で一杯になりそれなりに
満足でした。次はじっくりと回るつもりです。
徳さんも、時間をとって京都〜大阪〜神戸〜
奈良と時間の許す限り回ってみてくださいね。
京都中心の記事では松風さんのブログが
とても参考になりますよ。

「京都を中心にとっておきの場所、旬の情報を紹介ブログ、京こらむ 」
http://kyocolumn.blog46.fc2.com/
しろう
2007/05/13 11:05
きれいな庭ですね!
松花堂の弁当の語源と関係あるのでしょうか。
一度行ってみたいですね。
シーちゃん
2007/05/13 23:33
シーちゃん、コメント有難うございます!
この庭園はお奨めです。
私は僅かな時間でしたけど、それでも高くないと感じました。次に来る時は、しっかり、ゆっくり時間をかけて楽しみたいと思っています。
松花堂の弁当の事は次のサイトで詳しく掲載されています。

「松花堂弁当の由来」

http://www.kitcho.com/kyoto/tenpo/shoukado.htm
しろう
2007/05/14 06:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
松花堂 京都・洛南の名所 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる