メール白書(しろう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ハス巡り 法金剛院〜観修寺 その2

<<   作成日時 : 2007/07/12 23:11   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 6

梅雨前線がここに来て活発化、その上台風まで近付き
この週末は大荒れの雰囲気ですね。
折角の京都祇園祭の一番の山場、「宵山〜山鉾巡行」に
大きな影響fが出なければいいのに、、、と今から心配です。
(昨年の山鉾巡行は雨の中でしたね。。)

画像


   遅い時間ながら、なんとか花を咲かせていてくれました(7月8日)





画像


早い時間に行くと、キッとこの池の中は一斉に開いたハスが咲いていることでしょうね!





京都ハス巡り、法金剛院の後はと、
念の為万福寺、智積院へハスの開花状況を電話で
問い合わせしましたが、やはり観修寺に向かう事にしました。
観修寺へは花園からJR二条下車、地下鉄東西線六地蔵行き
に乗り換え終点近くの小野で降りました。

画像


今でも感動的な美しさ!紅葉時の事を思えば、、是非今年の紅葉は「観修寺!」





改札を出てから目の前の近辺地図で場所を確かめようとすると
改札口に立っていた駅員さんが声をかけてくれました。
「観修寺ですか?右側の出口階段を上がり地上に上がったら
左に歩いて下さい、ローソンが見えます、
そのローソンの前の道を左に曲がり道なりに真っ直ぐ歩くと
観修寺の前に出ます」
タイミング良さにビックリ!そして気持ちいいものですね。
言われた通りに地上に出て左に歩くとすぐにローソンが見えました。
ローソンの前の道を左に曲がり真っ直ぐ歩き始めると
今度は散策中の人から又声をかけられました。
「観修寺はこの道真っ直ぐですよ」
確かに私は改札を出てからすでにカメラを首からぶら下げ
いかにもお寺巡りの人!でした。

画像


ハス池の手前の生垣で芳香を放ち咲いていました、コクチナシ





親切を受ける事ってとても心が温かくなりますね。
お陰で全く迷う事無く5〜6分で着きました。
白壁伝いに壁の反対側には枝垂桜の木がズラリ!
春の時期の壮観さを感じ取る事が出来ました。
綺麗に掃除の行き届いた参道を山門に向かいました。

画像


ハスの時間にはさすが遅かったけど、お庭の美しさはしっかり、堪能出来ました!





門を入っていきなりのもみじと本堂。
この美しさにまず心打たれる。
本当は矢印に沿って順に回った方がいいのでしょうが
この日の一番の目的ハス池にまず向いました。


画像





観修寺

庭園は「観修寺永池園」と呼ばれ、「氷室の池」を中心に造園
されていて、且つ周囲の山を借景し、即ち庭の中に前方の山
を取り込んで庭の風景が造られ、広大な自然美を楽しむ
「池泉庭園」です。古く平安時代には、毎年一月二日にこの池に
張る氷を宮中に献上し、その氷の厚さに依ってその歳の五穀
豊凶を占ったと言われ、京都でも指折りの古池になっています。
(観修寺ポストカードより転載しました)


池に着いたのは午後3時頃でしたが
庭園の美しさの中に程よくハスの花が溶け込み堪能できました。
早朝のハスはキッと絵にもいえない光景では?
と、今度はタイムリーな時に是非再訪したいと思いました。

画像



画像







「氷室の池」を中心に変化に富んだ景色を、そしてサギの巣から
鳴き声を発しながら巣立ちの練習をしている子サギがしきりに羽根を
バタつかせているのも見あげながら回りました。

画像







人懐っこい鯉の群れ、ハスの葉に乗り微動だにしない亀
映り込むハスの葉と花、借景の木々と空、観音堂と氷室の池の組み合わせ

画像








「この先を行かれるのはご自由ですが大いに危険!
の札は多少気になりながらも好奇心が優先、かまわず一周しました。
眺めは正面からの見事な美しさとは違いまさに自然の池、そして林でした。
日を遮ってくれるので、暑い時期にはホッとした気分もなれますね。
とても変化に富んだ庭巡りが楽しめました。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
京都山科 観修寺(かじゅうじ)の紅葉と十月桜
今年の7月にハス巡りで初めて訪れた観修寺。 (その時の記事です、http://shiirro.at.webry.info/200707/article_6.html その時紅葉時期にももう一度訪ねてみたい! その思いは暫く胸のうちにありました。そして、やっと尋ねる事が出来ました。 残念ながらピークは多少過ぎたものの充分楽しめました。 特に散り紅葉、庭一杯に広がる苔の上にカラフルに散りばめられたモミジ 木々で色付き目を楽しませた後は散ってもまた蘇るモミジ その美しさが観修寺では... ...続きを見る
チュー太郎
2007/12/04 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜!

法金剛院、勧修寺、いいですね。
行ってみたいと
思っていたところです。
咲き具合参考にします。
今後もしろうさんの追っかけ
するつもりです(笑)
kazu
2007/07/13 16:54
京都でも指折りの古池のたたずまいが
いいですねぇ。
人懐っこい鯉と蓮の葉に乗ったまま
動かない亀と・・・蛙はいるでしょう。
古池や かわず飛び込む・・・ネッ! 
ログの大好きな徳さん
2007/07/13 17:49
ずぅ〜と前記事からいろいろなお花を楽しく拝見させていただきました(*^_^*)
紫陽花をバックにしたはすの花がとっても素敵です!!
台風ひどくならないといいですね。
花猫
2007/07/13 20:24
kazuさん、今晩は!
コメント有難うございます!
どうしても旬の時期になるといつもの所に
ばかり行ってしまいます。まだまだ知らない
良い所が一杯あるんだなぁ〜って思います。
当り外れを気にしないで色々な所に
出向きたいですね。私の方こそ、kazuさんの
記事を参考にまだ行った事のない素敵な所へ
もどんどん足を運びたいですね。
しろう
2007/07/13 23:54
徳さん、今晩は!
コメント有難うございます!
台風がより近付きましたけど、いかがですか?
心配ですね。早く去ってくれるといいですね。
記事には書きませんでしたけど、蛙というか
多分うしがえると思いますが、池に着いた時からず〜っと鳴いていました。かなりの数が
生息しているようです。カエルの声を聞きながら池巡り、、本当に子供心にかえる!いい雰囲気でした
しろう
2007/07/14 00:04
花猫さん、今晩は!
コメント有難うございます!
台風の進路は予断を許しません。
京都祇園祭と重なりそうです(汗、、)
楽しみにしているんですけどね。。
ハスは今が一番旬なので、各地のハスを
一杯堪能したいものです。
ハスと何を取り合わせるか、、
それを求めて歩き回るのも面白いですね。
しろう
2007/07/14 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ハス巡り 法金剛院〜観修寺 その2 メール白書(しろう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる